仕事や職場に関連した心の病気(うつ病)、パニック障害や神経症に属する病気だけでなく、痴呆、てんかんに関する相談や治療を行っています。

HOME > 当院について [ ご挨拶 ]

ご挨拶
取材記録
調査・研究

ご挨拶

当院は2003年に虎ノ門の地において開院しました。
早いもので10年が過ぎました。この間、当院は主に「うつ」で悩む方々の診療にあたってきました。なかでも、職場の「うつ」に関しましては、安全な復職を実現するリワークプログラムを行うデイケアを2005年より併設し、これまでに1000人以上の方を職場へと復帰させ、その後の病状のフォローも行い実績を積み重ねてきました。

当クリニックでは1万人以上の患者さんの診療経験を元に、治療が大変に難しいといわれている“新型うつ”といわれるような典型的ではないうつ病、躁状態が目立たずとりわけ診断が困難な双極U型障害、また、ご本人が気付いていないごく軽度な発達障害、などに関しての数多くの経験を蓄積してきました。
その経験に基づき、当院としましては優秀な人材を集めて専門外来化を進め、診断と治療のレベルを更に高めていくことといたしました。

また、これに伴いリワークプログラムにおいても、更にプログラムを発展させ、発達障害を伴う方へのプログラムや、仕事を失ったもののこれまでの就労経験を生かして再就労をめざしている求職者のためのプログラムの開発も始めております。

時代は様々に変化していきます。その変化を受けるかのように、病気も変化します。私たちの診療は一般科のように検査で行えるわけでもなく、また、手術という治療法も使いません。これまでの経験に根差した診断能力と薬物の使い分けをベースに、医者患者間の信頼関係を利用して治療が進められます。ただ、私たちのクリニックはリワークプログラムというフィールドを持っておりますので、そこから得る経験も加えることにより更に高度な診断治療が行えると考えております。当院はビジネスマンの方の治療を得意としておりますが、どのような方の診療もお受けしております。気分や体調がすぐれないために診断治療をご希望の方は、早期の受診をお勧めいたします。

メディカルケア虎ノ門院長
五十嵐良雄