仕事や職場に関連した心の病気(うつ病)、パニック障害や神経症に属する病気だけでなく、痴呆、てんかんに関する相談や治療を行っています。

HOME > リワークプログラム [ ご利用の流れ ]

当院の目指す
復職支援とは
リワークプログラムに
関するデータと体験談
ご利用の流れ
リワーク・スクール
リワーク・カレッジ®
サポート・カレッジ
(ご家族向け勉強会)
土曜フォローアップ
認知行動療法(CBT)
実践

ご利用の流れ

当院のリワーク・カレッジ®、リワーク・スクールでは、産業医の経験が豊富な精神科医をはじめ、多職種のスタッフがチームを組み、総合的な視点から病気の回復と同時に職場復帰や再発、再休職予防の支援を行ないます。
なおリワーク・カレッジ®、リワーク・スクールへ登録ご希望の方は当院への転院が条件となりますので、まずは診察予約をお取り下さい。

スタッフ: 保健師・看護師・精神保健福祉士・作業療法士・臨床心理士・産業カウンセラー・キャリアコンサルタント

復職支援マネジメントプログラム虎ノ門(RAMP-T)
 

診療による病状の回復と管理

診察を週1回とし、診断の見直しを元として、薬物療法の見直しを必要に応じて行います。
また、生活指導も診察時に行いながら、規則正しい日常生活の中で安定した病状を確保します。
日中の活動は図書館に午前中・週5日間通える程度の病状回復を目指し、プログラムを始めます。

プレ・リワーク(集団精神療法)

規則正しい生活リズムの回復を早期に確立し、スムーズかつ早い時期にリワークプログラムに入ることにより休職期間を短縮することができます。そのためには、日常の活動や症状の状態の記録を習慣づけて、自身の状態を把握して、主治医に正確な症状を伝えて、的確な治療とすることにより症状を改善するとともに、生活を見直し規則正しい生活リズムを回復させることが重要です。また、不調のサインに気付くようにもなります。
主治医との1対1の診察だけでなく、専門スタッフや同じ目標をもつ仲間との交流やグループ活動等によって、本格的なリワークプログラムへのレディネスを高めていきます。

リワーク・スクール(デイケア、デイナイトケア)
Level 1 〜 Level 3

週2日(Level 1)から虎ノ門まで通勤訓練を開始し、集団での作業を通じて復職の基礎となる心身の土台を作っていきます。家庭での療養から、集団での活動を始めます。はじめは疲労が残るかもしれませんが、段々と慣れていけば、週3日(Level 2-3)と参加日数を増やしていきます。
プログラム中のオフィスワークでは、うつ病講座テキストをはじめとした書籍からうつ病に対する正しい理解を深め、休職に至った原因を自己分析し文章化する作業を行ないます。また、運動プログラム、セルフケア(心理教育)、生活習慣講座といったプログラムも行います。特に休職した理由を自分なりに良く理解していることが、その後のリワーク・カレッジ®でのプログラムの成果につながります。

リワーク・カレッジ®(デイケア、デイナイトケア)
Level 4〜Level 6

週4日、週5日で行われるプログラムの目的は、職場復帰と再休職予防を目標として、擬似的な職場(Pre-Office)において実践的な体験を通して復職準備性を高めることです。セルフケア(心理教育)やプレゼンテーショントレーニング、キャリア支援プログラム、集団プログラムなどを通して自己解決に必要な能力を養います。
また、週5日のレベルではナイトケアで認知行動療法の導入編を実施します。

復 職
 
復職後フォローアップ
(土曜日・ショートケア)
再休職予防のための
うつの集団認知行動療法
セミナー(CBGT)




復職後に起こりえるストレスフルな状況に対し、有効に対処できるよう「レジリエンス」を高め、生活リズムを保ちながら、1週間の振り返りや テーマトーク等を行い、再休職予防を目指します。仲間と悩みを共有し互いに支え合うことで、復職後の孤独感の緩和にも役立ちます。 復職後に実際に起こる悩みや問題を取り上げ、講義・ディスカッション・ワーク(ロールプレイやアクションチェック)を通じて、認知面だけでなく、行動面にも取り組みながら、再休職予防に取り組む実践的な内容です。このセミナー終了者は、定期的なフォローアップにもご参加いただけます。
当院のリワークプログラムへの参加の手続き
当プログラムへは、以下の条件を満たすことを当院の医師が認め、かつ利用者判定会議で利用を許可された後、参加していただけます。
  1. 現在休職中で復職を目標としている。(失職された方は対象外)
  2. 少なくとも週2回のプログラムに参加可能である。
  3. 一定のリハビリテーションにより復職が見込まれると判断される。
  4. その他、デイケア、デイナイトケアを利用する上で支障がない。
他の医療機関で治療を受けていらっしゃる方については、
当院のリワークプログラムは治療の一環として位置づけられております関係上、当院の医師によりこの復職プログラムを含めた一貫した治 療を行うことが必要であると考えております。当院のリワークプログラムへ登録ご希望の方は当院への転院が条件となり、リワーク・カレッジ®、 リワーク・スクールのみのご利用はお断りしております。また当院医師の判断により、ご参加いただけない場合もあります。
また事前見学は他の参加者のプライバシー保護の観点からお断りしております。

診察はすべて完全予約制です。ご予約の際はリワーク・カレッジ®、リワーク・スクール利用希望である旨、お電話にてお伝え下さい。また転院される場合は、初診時に必ず主治医からの紹介状(診断情報提供書)や産業医からの紹介状をお持ち下さい。