仕事や職場に関連した心の病気(うつ病)、パニック障害や神経症に属する病気だけでなく、痴呆、てんかんに関する相談や治療を行っています。

HOME > リワークプログラム [ リワークプログラムに関するデータと体験談 ]

当院の目指す
復職支援とは
リワークプログラムに
関するデータと体験談
ご利用の流れ
リワーク・スクール
リワーク・カレッジ®
サポート・カレッジ
(ご家族向け勉強会)
土曜フォローアップ
認知行動療法(CBT)
実践

リワークプログラムに関するデータと体験談

(『精神科』20 (6) 2012より)

当院は、日本初の終日型リワークプログラムを2005年1月に開設し、2011年12月末までの6年間に799名の方がご利用になりました。
この799名の利用者はどのような方々なのか、利用の後にどのような経過をたどっているかをご紹介します。

(1)当院のリワークプログラムの利用者

性別は男性85.2%(681人)、女性14.8%(118人)、平均年齢は38.2 (SD7.9) 歳です。主病名の内訳は、うつ病や躁うつ病などの気分障害圏(ICD-10による診断基準:F31-F34)の方が約9割を占めています。またリワークプログラム開始時点の休職回数は平均2.1回、総休職期間の平均は16.5ヶ月です。このように、休職を繰り返している方、これまでの休職期間が長い方がリワークプログラムを利用している傾向があります。

 

(2)リワークプログラム利用者の復職状況

2011年までに当院のリワークプログラムを利用された方の復職達成率は、プログラム途中の脱落を含めた全体においては76.6%、プログラムを終了し勤務先企業の復職判定に進んだ方においては98.0%でした。また復職後の就労状況は、再休職することなく就労を継続している方は1年後では81.5%、2年後では70.1%でした。(Kaplan-Meier法により就労継続推定値を算出)

リワークプログラムの効果

(『産業精神保健』20 (4) 2012より)

当院は終日型リワークプログラムをいち早く導入し、うつ病リワーク研究会と連動して、アウトカム研究を積極的に実施しています。精神疾患による休職の後に復職した556名の復職後の就労継続状況を検討した研究では、リワークプログラムを利用せずに復職した者は、リワークプログラム利用者と比較して、再休職のリスクは1.89倍でした。また同研究において、対象者の年齢や性別、診断名やこれまでの休職歴、業種や企業規模などについて、それぞれ同じような対象者同士を組み合わせて解析を行った結果、リワークプログラム非利用者の再休職のリスクは、利用者の6.21倍でした。
リワークプログラムの歴史はまだ浅く、国内外ともにその効果研究の報告は限られていました。しかし近年、徐々にリワークプログラムの効果研究の成果が医学雑誌等で見られるようになり、その有効性が期待されています。

※年齢、性別、診断名、これまでの休職歴、業種、企業規模などについて、
それぞれ同じような対象者同士を組み合わせて解析(n=90:45 vs 45)

【リワークプログラム終了者の声(体験談)】

40代 男性
  • 落ち着いて「病気のこと」と「自分のこと」を見つめなおす機会を得ることができた。
  • 同じような病気と闘う仲間と出会うことができた。
  • 病気と闘う、向き合うのに必要な基礎的な知識を得ることができた。
  • 規則正しい生活を行うことの大切さを、身をもって知ることができた。
  • 今まで知らなかった、気が付かなかった自分を知ることができた。
  • 調子が悪い時の他人とのかかわり方、自らの言動の傾向を気付くことができた。
  • くじけそうになった時に、仲間やスタッフの励ましで、何とか対処し、乗り切ることができた。
  • なぜ再発を繰り返すのか、と真摯に悩むうつ病(双極性障害含む)の方に、是非お勧めしたい。
40代 男性
  • 自分のペースを作ることを学びました。グループワークも充実しているので、復職・再就労を目指す方には通って有益なことは間違いないと思います。
50代 男性
  • 一人では病気を治すことは非常に難しかったと思います。同じ環境の仲間がいることに大変勇気付けられ、復職のパワーになったと思います。
40代 男性
  • とても役に立ちました。ありがとうございました。
50代 男性
  • 身体の怪我にリハビリが必要なように、心の怪我にもリハビリが必要でした。スムースに社会復帰できたのは、リワークプログラムに参加できたからです。
30代 男性
  • この病気は一人で抱え込んで悪化することもあるので、リワークプログラムの時に出会えた人との交流が、再発防止の手段のひとつにしています。
20代 男性
  • 復職がゴールではなく、再発や再休職しないことが大切だということを、教えられました。
40代 男性
  • 自分だけでは習得できない「病気についての知識」や「問題解決手法」が得られ、復職に大いに役立ったと思う。また、出会えた仲間との縁はとても大切なものである。
30代 男性
  • 利用者には、社交不安障害、双極U型障害、うつ病など、様々な患者がいることで、情報共有にもなるし、自分の病気について良く知ることができた。
  • 生活リズムの確立や、気分障害の知識を得ることができた。
  • HOME、WORKではない「第三の場所」を生み出すことができた。
  • 楽しかった。
20代 男性
  • いろいろな知り合いができ、人生にプラスになったと思います。
50代 男性
  • オフィスワークの中で、一日の目標を立て、少しでも達成するように行ってきたが、これが復職しても続いており、大変役立っている。それ以外にも、多数あるが、私が復職後も問題なくいられるのもリワーク・カレッジのおかげだと深く思っています。
50代 女性
  • 別の病院に通院していた時は、復職はとても高い登れない山のように見えました。少しずつ段階を追って通ううちに、復職が不思議と現実的になっていきました。生活リズムを作ること、基礎体力を作ること、知的作業を行うことなどがリワークプログラムのおかげでできるようになりました。ここに通わなかったら、復職はできなかったかもしれません。
40代 男性
  • 自宅療養では解決できないことが解決できた。
30代 男性
  • 他の病院のリワークにも通ったが、虎ノ門のプログラムはまったく違った。病気やセルフケアの知識を具体的に学ぶことができたし、再発予防について真剣に考えることができた。先生やスタッフは厳しかったけれど、復職して元気に仕事ができているのも、そうしたサポートのおかげだと感謝している。