仕事や職場に関連した心の病気(うつ病)、パニック障害や神経症に属する病気だけでなく、痴呆、てんかんに関する相談や治療を行っています。

HOME > FAQ [ 初めての方 ]

初めての方
病気について
お薬について
リワークプログラム
について
カウンセリングについて
ご家族の方
その他

FAQ

初めての方

初診時にはどのくらいの時間がかかりますか?
当院は、初診再診いずれも予約制となっております。
初診時には問診表をご記入いただいた後、医師による診察や心理検査等をお受けいただきます。漢方を除き、お薬が出る場合は院内処方です。すべて合わせて約1時間程度かかるとお考え下さい。
なお、成人の発達障害外来に関しては、臨床心理士や看護師等によるインテーク面接がありますので、ご来院からお帰りいただくまで約2時間程度かかります。
詳しくは、初めての方へのページをご確認下さい。
どんな患者さんが多いのですか?
うつ病や神経症、パニック障害などの患者さんが多いのですが、てんかんや痴呆の患者さんも診察いたします。
誰でも心の病にかかる可能性はあり、様々な年齢と社会的立場の方がおみえになります。
病気であればなるべく初期の段階で治療が始められると、より早くかつより良い効果が出ますので、早期の受診をお勧めいたします。
現在休職はしていませんが、そちらで診察を受けることはできますか?
当院は『働く方のメンタルヘルス』を得意としておりますので、勿論通院いただけます。
休職中の方以上に、働きながら通院されていらっしゃる患者様が非常多いのが特徴です。
ビジネスマンの方が通院しやすいよう、平日は毎日夜20時まで、土曜日も診療しております。
仕事が忙しくて予約通りに通院することが難しいと思いますが、大丈夫ですか?
当院は再診も予約制ですので、なるべくご予約通りのお時間にお越しいただければ幸いです。
再診の場合、30分間隔で予約をお取りしておりますので、18時半のご予約であれば、18時半から19時の間にお越しいただければ大丈夫です。
どうしてもご予約通りにお越し いただくことが困難な場合は、事前にお電話で予約の変更をお願いいたします。
但し、予約変更の際はご希望の日時のご予約が取れないこと、また、代診(他の医師による診察)になる可能性もありますので、ご了承下さい。
健康保険を使って受診していますが、精神科に通院していることが会社に知られませんか?
健康保険証を使った場合、病名などの医療機関での診療情報は保険組合(保険証に必ず記載されています)に医療機関の作成する診療報酬明細書として伝わります。
しかし個人情報は通院されていることを含め、当院ではご本人の同意なしに会社や他者に開示することはありません。
保険組合からご勤務先への医療情報開示に関しては、ご勤務先と保険組合との間で様々な規定があるかと思いますので、ご勤務先または保険組合に直接お問い合わせ下さい。
なお、保険を使わず自費受診される場合は、保険組合に知られることは勿論ありません。
心療内科、精神科はどんなところ?
心療内科、神経科の診察は問診が中心になります。
どのようなことでお悩みかだけではなく、これまでの生活環境が大事な場合も多く家族を含めた人間関係などを原則的におうかがいします。
また心理検査をすることもあり、初診時にはかなりの時間(1時間程度)がかかることがあります。
治療法はお薬による治療と、医師による精神療法(お話をおうかがいすること)が中心となります。
当院は院内処方ですので、診察後調剤薬局に行くことなく、原則診察後すぐにお薬を受け取りお帰りいただけます。
入院や検査が必要となったときに病院を紹介してもらえますか?
東京都内の大学病院、総合病院はもとより関東あるいは全国の病院へのご紹介をいたします。
その際にはなるべく紹介先の医療機関での専門の医師に対し直接ご紹介いたします。

責任を持ってご紹介できる東京近郊の医療機関としては、
東京大学医学部付属病院、慶応大学付属病院、順天堂大学医学部付属病院、日本医科大学付属病院などの大学付属病院、虎の門病院、NTT東日本関東病院、済生会中央病院や都立広尾病院などの総合病院、成増厚生病院(板橋区)、晴和病院(新宿区)、吉祥寺病院(武蔵野市)、長谷川病院(三鷹市)、戸田病院(埼玉県戸田市)、ハートフル川崎病院(神奈川県川崎市)、浅井病院(千葉県東金市)などの民間精神科病院、楽山(埼玉県越谷市)などの心療内科病院があります。
医師との相性が合わない場合、どうしたら良いでしょうか?
医師と患者様との関係も、あくまで人と人との関係ですので相性が合わない場合もあると思います。
ただ、数回の診察で自分と合わないような気がしてコロコロと医師を変えてしまうことは、治療を遅らせることにもなりかねません。
また、時間をかけて話しを聞いてくれる医師が自分の病気を治してくれる医師とも限りません。
しかしながら、一方で相性も治療の継続には重要な点でしょう。
どうしても相性が合わないとお感じになられる場合は、直接医師にお話いただき、担当医を変えてもらうことも可能です。